光冷剣のまったり日記

サッカー・夢・アニメ

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定
『天神乱漫 Happy Go Lucky!!』応援中!
『あかときっ!!-花と舞わせよ恋の衣装-』応援中! 真剣で私に恋しなさいS!

今までで一番充実した実験だった

学会に行ってきた光です
いい経験になりました

昨日はブログ更新してから寝て
起きたのが6時
起きてからは艦これやって
7時ぐらいまで二度寝三度寝を繰り返し
起きた
起きてからは
持ち物チェックして
ご飯食べて
出発
電車は運がよく最寄りの次の駅から座れたので
寝てた
乗り換えて乗り換えて
東京テレポートに
9時過ぎについた
トイレ行ってから改札で合流して
9時半過ぎには遅刻者除く全員集まって出発
会場に10時過ぎについて
会議室で発表を聞いてた
そこでお菓子もらっちゃった
発表聞きながら
11時過ぎからは
30秒プレゼン
くまさん頑張ってくれたよ
先生のは受けた
半端ないわ
12時過ぎに概要発表が終わり
会場準備に
プログラムは無事に動いたので安心
13時からスタート
最初の方はあんまり人が来なかったので残念だったけれど
少し時間がたつと人が来てくれたね
説明する機会もあったけれど
大変だったわ
私説明下手だもの
しかし、メンバーがカバーしてくれて助かったね
途中代わり代わりで
他の発表を見に行ったりしてたけれど
面白い作品いっぱいあった
やっぱり学会は違うね
始まってから1時間ぐらい経つと
私達のところにも人結構来たんだよ
そして、痛い痛い質問をしてくるから大変
こうした方が良いと言ってくれて勉強になるね
デモプログラムを楽しんでくれる人がいて嬉しい気分になったり
なにより興味を持ってくれたのが非常に嬉しい
展示の2時間ちょいはあっという間に終わったかな
最後に記念撮影をやって
終わり!
一応片付けやってからは流れ解散で
終わってからはお疲れ様会をやろうってことで
新宿行くことに
なんだかんだ終わってから集まるまでに時間少しかかったから
先生と一緒に途中まで行動したと言うね
そうだ
ガンダム見てきたわ
新宿着いて
プロジェクトA/ZのメンバーとSA・TAさんの8人で
焼肉食べ放題してきました
90分のね
お肉おいしかったし
ご飯もおいしかった
話しもいろいろ楽しかった
90分があっという間に終わっちゃったなぁ
そして一本締めして
お開き
新宿駅で別れて
私は小田急で帰った
のうりん読み終わったわー
家には20時半ぐらいに帰って
艦これやって
疲れたのでいつでも寝れる準備できたわ
いやー
終わったな
3年の実験が
じっくり振り返ろう

前期には、見たことあるメンバーと始めてみるメンバーで実験室に集まり
約9か月ぶりのブレッドボードに触れて、アセンブリに触れて、加速度センサに触れて
Wiiリモコンを作った
そして、次はVCのMFCを使っての無線関係の勉強を
某ベルギーのビールはおいしくないとかやったっけ
先生のPCがサーバーになって
こっちからは頭に1文字入れて、送信して、それで受信も行うプログラムを書いて
運命の分かれ道
16人のメンバーが4つのグループに入ってインタラクションを作る
私が入ったのがP1
かきさんとくまさんとひろしさんのパーティに
まずは何を作るかの提案から入って
だるまさんが転んだインタラクションを作ることに
そこでおよそ3年ぶりのはんだ付け
ユニバーサル基板に何もない状態でのはんだ付けは初めてだったかな
高校の時はプリント基板だったから、あの時はただ部品の足をはんだ付けするだけ
今回は違ったし、難易度も数倍高かった
基板を作り、その間にソフトの方を任せて
基板が完成してから、アセンブリ言語で加速度を取り比較して
アセンブリでの無線送信も初めてやったね
非常に楽しい作品ができた
見ている側としても、やっている側としても楽しかったね
そして前期の最後の実験で
アイディアコンテスト
後期のメンバー決めが終わり

前期の実験が終わった

後期に入って、また新しいメンバーでスタート
かきさんくまさんは前期から引き続き
むさしんさんいすさんだいあさん
の6人でスタート
加速度を使ったシューティングゲームを作るということで
まずは5回使って、何を作るかを提案
そして学会発表もあるので、学術訴求点が必要
それも考えてどういう風に作るかを話してたね
最初は順調に進んでこれならいけると思ってた
プロジェクト名はA/Zとして
しかし、審判の日によってすべてが崩された
実際、発表前は行けると思ってた
でも、指摘されると確かに訴求はしてなかった
意志は難しいことがわかった
2週間・・・2週間という時間
実験は週1なので2回
その間、時間外だけれど集まって話し合ってどうするかを対策して
2週目で、なんとか学会へのGOサインをもらえた
非常に苦しい2週間
精神的に非常にきてた
けれど、GOサインをもらった瞬間に、安心感が出たね
安心感を感じられるのはほんのひと時
これはただスタートラインに立っただけ
他の班と2週間の差がある状況でのスタートだから
考える時間も、論文作成時間も何もかも遅れてスタート
私ははんだ付け急いでやることに
あまり推奨されてないけれど、研究室での時間外労働も含めて
1週間で完成させた
ちょうど英語が休講になったりしてくれて運がよかったかも
速さはあった
けれど精度がかけすぎた
先生の回路チェックでは、治してもらう部分が多くて
残念なものになってしまった
悔しいな
今となっても悔しいな
基板が完成したのでプログラミング
まずは先生のひな形コードを印刷して
どこでどのように動いているかを知り
無線テストを
結局はあまりいじることなかったけれどね
その間メンバーは論文やデモ方法を検討してと
分担もうまくいってた
先生の解析プログラムには助けられたね
ハード面のやることが終わってからは
ポスター作成やプレゼン作成に励み
筋電計がどれだけの実力かを知り
ゲーム要素は、うちのソフト班が強かった
2,3週間ぐらいで作り上げてくれてね
素晴らしいわ
そしてデモも完成して
面白いゲームになったね
やっていて楽しかったし
見ていても楽しかった
そして最後の実験の日
発表が終わり
厳しい突っ込みもあったけれど無事に完走できたよ
メンバーに恵まれたと思うよ
ほんと
実際、この実験に参加しているメンバーはみんな優秀だけれどね
学会でも無事に発表終わって
これでプロジェクトA/Zは解散となるのか
たとえA/Zが解散しても
メンバーとは接していくから寂しくなんかないよ
この1年
この実験を通じていろんな経験ができた
経験だけでなく知識も得ることができた
グループワークの重要度もわかったね
ほんとこの実験を履修してよかったよ
やっぱり、審判の日が一番残ったかな
5週間の私たちの考えが
一瞬にして否定されたんだよ
考えが否定されるって本当にショック受けるよ
今となればこれも人生であまり味わえない経験かな

これらの経験を活かしていける人生を過ごしたい
決して無駄な時間はなかった

最後に
実験に参加したメンバー
スタッフのみなさん
先生
お疲れ様でした
ありがとうございました
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト < TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト