FC2ブログ

光冷剣のまったり日記

サッカー・夢・アニメ

ゆずソフト最新作『天神乱漫』2009年発売予定
『天神乱漫 Happy Go Lucky!!』応援中!
『あかときっ!!-花と舞わせよ恋の衣装-』応援中! 真剣で私に恋しなさいS!

記憶の森のエリス

記憶の森のエリス を読み終えた光ですw
以下ネタバレ注意ですw

この本は、スニーカー文庫で新しい本が出てないかと公式サイトを閲覧していたところ
記憶の森のエリス2巻が新しく出た記事を見て
表紙を見ると
すごい衝動に駆られて…
とりあえず1巻読まないとってことになり読みましたね
表紙に惹かれただけです

さて、このような過程で本を購入し読みました
最初見ていると守人の会議
いきなり胸の話で始まりました
3ヶ月に1度の会議もめちゃくちゃに
そのまま本編へ
とその前にまぁまず、記憶の森の簡単説明から
記憶の森には、案内人と守人と守人のペット?(獏)がいて
記憶を見直したり、消したり、改竄したりすることができます
1回だで10代限定だけど
依頼量は食玩でね
記憶の森の中は、守人しか入ってはいけない掟があり
記憶を探すときは生まれたままの姿(裸)にならないといけない
記憶の森の中では、獏が人語を話せるようになるという特典もある
こんなものかな
MEMORY 1は
友人との忘れてしまった思い出を思い出すストーリーでした
カガミ君が記憶の森まで案内する最初から笑った
案内人の癖に道忘れるとか・・・
エリンが記憶を探しに行っているときに千帆子が気になってついて行くなんて
千帆子も驚くだろうな
いきなり裸になっているとか
それにしても挿絵から千帆子いい胸だったな
とカガミ君の影響で・・・
でも我はエリスのほうが好きだな
にしても、最初から話重い
記憶を見つけて見ていると
千帆子が友人を突き飛ばしてしまったとか
死んでいるとかな
まぁ、実際は思い込みだったけど
忘れてしまった記憶を思い出すって怖いよと思った
だけど我が千帆子だとしたら、絶対千帆子と同じように思い出しに記憶の森へきてただろうな

MEMORY 2は
好きになった男の子が他の女の子と歩いているのを見て、好きになった記憶を消したいというストーリー
カガミ君は依頼者の依澄と記憶の森へ
また迷いましたね
さすが記憶のブラックホールと言う二つ名が
それにしても依澄さ、どうして記憶消したいのかなと思った
好きな人に彼女がいたとしてもそれは辛いとしても思い出の1つ
だから消さなくてもよいかと思うんだ
我は記憶の森へは記憶を消すためには行かないと思うね
さておき、エリスが記憶を探しに行く途中に同僚に会いましたね
みんな獏と一緒にいるんだね
獏かわいいのとかっこいい
我も乗りたいなと思った
そして記憶を見つけて戻り
依澄に記憶が正しいか確認をしてもらい
同意の上で削除するはずだったね
だけどそれを見ていると、その女の子が妹だったと
記憶に残っているって事はあの時気づいたのかもしれないけど
やっぱ気が動転すると右から左へ行っちゃうのかね
しかし、これで消す必要がなかった
これでよかったなと思ったね

MEMORY 0は
カガミ君が案内人になる前のストーリー
カガミ君ってこんな過程で案内人になったんだな
てヵカガミ君羨ましい
あの記憶の実を食べるとは
まぁ食べたら食べたでいろいろと問題が・・・
エリスは気が動転しちゃってるし
まぁお偉いさんがきてエリスは落ち着いて謝罪に向かうけどカガミ君は追われていると勘違い
我も追ってきたら逃げるだろうな
でもあの人質作戦?はないだろ
食べちゃったらもう終わりだしな
それにしても、エリスが激愛しているカイルってかっこいい人なのかなと思っていたけど
オタクだったとは
挿絵の人誰って思った我がいる
依頼量の食玩もその理由で…
でもほんとエリスはカイルが好きなんだな
過剰すぎるけど
そしてカガミ君は依頼人に回ったね
大事な人を思い出すために
結局は記憶は見つかるが、アクセス制限が…
見れるようになるために案内人になったんだな

MEMORY 3は
連続記憶喪失事件
何で記憶喪失事件なんて起こしたのだろうなと思ったな
そしていきなりコスプレ大会
これはなんだったんだと
そしていきなりカガミ君の探していた人<ココロ>が現れ
ココロが記憶喪失事件の犯人でもあったり
カイルが記憶の森の敵である過去狩の味方になったときいてエリスは戦意喪失しちゃったり
ほんといろいろあったな
しかも完結せずにどこか行っちゃったからね
やっぱ次巻からは過去狩との関係とかあるのだろうな

楽しみだ
2巻も近いうちに読もう

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト < TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト